知っておきたい民事上の責任について

自動車を運転するためには、自動車免許を取得することになりますが、免許取得時に関しては、一般的な交通法規を学ぶことと、ドライビングに必要とされている技術を学ぶことになります。しかし、実際に公道を走行させている状態では、様々なアクシデントに遭遇してしまうことがあり、その中には交通違反に関する内容や交通事故に関する内容があります。一般的に違反の場合では、反則金、あるいは罰金を支払うことによって対応することになり、違反点数というものも存在しています。点数は免許に影響する部分としても知られており、いわゆる免停や取り消し処分などの決定が下されるケースも見られます。事故の場合では、過失によって損害賠償が発生してしまうことがあり、例えば相手側の自動車を破損させてしまった場合や、住宅やガードレールなど、あらゆるものを破壊してしまったならば、過失割合によって損害賠償を行う必要があります。しかし、多くの方が任意加入の自動車保険に加入をしている状態にあり、物損事故の場合では対物賠償にて対応されることになります。人を怪我させてしまった場合では、対人賠償保険によって損害賠償が行われることになり、民事上の責任を果たすことができます。

Comments are closed.