信号機や標識が見にくくなるような看板

自動車に乗って道路を走行していると、様々な種類の標識が立っており、道路の道幅や交通状況などによって規制が異なっています。
道路に設置されている標識は、運転手から見える状態で設置されていなければなりません。
そのため、細い災害路などの場合には、植木や看板などによって信号機などが見えにくい状態になっていることがあります。
このように運転に支障が出るようなところに看板や植木などを設置している場合には、その場所を管轄している警察署などから改善して欲しいとの依頼が入ることがあります。
また、標識などが見えにくくなるような明るい看板やネオンが光り輝いている看板などの場合も改善してもらうように依頼が来る場合があります。
警察などは強制的に改善させる権限がないことから、あくまで看板の所有者に対してお願いをすることになります。
このような場所での交通違反取り締まりは違反者にとって極めて不利な状態になることから、見えにくい状態であるのを放置している警察にも問題があります。
取り締まりに納得できないのであれば、説明してもらえるまでしっかりと警察から話を聞けばよいだけの話なので、見えにくかった場合にはしっかりと意見を言うことが大切です。

Comments are closed.