ゴミやタバコのポイ捨て

車に乗っている人が絶対にしてはいけないことがあります。
それは車からのポイ捨てです。
ゴミが生じた時には車の中に行ったんゴミを保管しておき、家に帰ってから捨てるようにしましょう。
車からごみを捨てれば確かに車の中のごみは無くなりますし自分が気分がいいかもしれません。しかし道路は確実に汚れてしまいます。
道路の端のほうに沢山のごみが散乱している場合もありますが、これらは全て車に乗った人が捨てたものです。
一度誰かが捨ててしまうと他の人もここは捨ててもいい場所だと思ってしまい、さらに汚くなってしまいます。
またゴミの存在は事故につながることもあるのです。
例えばゴミ服などを捨ててしまいますと強風があったときにそのゴミ袋が他の車のフロントガラスにへばりついてしまうこともあります。
それが原因で危険を予測できず事故が起こることもあります。
一度ゴミだらけになった道路を掃除するのはかなり困難です。車が通るために掃除をしたくてもできなくなります。
車からごみを投げ捨てるような行為は法律違反や条例違反になる事もあり、罰金刑になる可能性もありますのでしないでください。
これはドライバーや同乗者のマナーであり義務でもあります。

Comments are closed.