【当たり前】違反や事故を起こすとその責任を負わなければならない

自動車教習所に通って、試験に合格した方に対して免許が交付されます。免許を所持していれば、自動車を運転することができますが、各人が自分の好きなように、勝手きままに車を走らせたらどうなるでしょうか。秩序が保てなくなり、身の危険が増すのは確実です。そのような状況を作らない為に、交通ルールが存在します。教習所でも習ったとは思いますが、標識によって、速度を規制したり、信号によって、道路を走る車や歩行者に秩序を与えています。当然のことですが、これらの規則に違反した場合には、罰則という形で責任を負わなくてはなりません。罰金であったり、免許の停止・取り消し等、交通ルールを守れないのであれば、行政によって排除されてしまうことになります。また、事故を起こした場合も同様で、相手を傷つけたり、物を壊してしまった場合等は、その対価を弁償することによって、責任を負わなければなりません。まして、被害者が亡くなったりした場合は、刑事罰という形で責任を負うこともあります。交通ルールとは、人々が安心して日々の生活を送れる様に、秩序を与えるものとして存在します。事故や違反行為は交通における秩序を脅かすものとなります。そこで、当事者に責任を負わすことによって、秩序が乱れることを抑制しようとしています。

Comments are closed.